管理人と相棒のプロフィール

テレビとの付き合い方を考えるお話




どうも、管理人のちゃーんです。

皆さんの周りには「昨日のあのテレビどうだった?」「今日の夜は帰ったらあのテレビ見なくちゃ!」などなど、テレビにとりつかれている人はいませんか?

上記の方はまだいい方で、ただひたすらに流れてくる映像を見ているだけの方もいるのではないでしょうか?

はっきり言います。それは人生の浪費です。時間の無駄です




テレビから流れてくる情報について考える

よくニュースを見ていると「どこどこの町でこのような事件がありました。容疑者は○○歳、職業は…」

このような情報に触れたところで一つ考えてみてください。

この情報はあなたの人生に必要な情報ですか?

すさんだニュースが多く流れている現代で、このようなニュースはありふれていますよね。

このニュースを見たあなたはどう思うでしょう。「被害者がかわいそう」「犯人が許せない」様々な感想を抱くと思います。

しかし、重ねて言います。その情報はあなたの人生に必要ですか?

見ず知らずの被害者や犯人に感情移入している暇があったら、自分の時間を見直しませんか?

自分の大切な時間を心がすり減るようなものに囚われていませんか?

バラエティー番組について考える

会ったこともない芸能人が画面の中で爆笑している場面がありますね。それがバラエティー番組なのですが。

それを見ていると私は思うのです。

「この時間はもう少し減らそう」

芸能人がテレビの中でどんなにゲラゲラ楽しそうにしていようが私の生活には直結しません。

もっと言うと、どんなに一生懸命にグッズなどを買ったところで私の手元に残るのは虚しい気持ちだけです。

芸能人をどんなに応援しても私の生活には良いことがありません。

だってどんなにお気に入りだろうと実際に会って会話する機会なんてありませんから。

そんな人たちが画面の中で笑ってるのを見ていて、何が楽しいですか?

時間の大切さについて考える

時は金なり  タイムイズマネー

とてもいい言葉ですね。

私たちが大人になると思うことに共通していることだと思います。

「あれっ?もうこんな時間?」

フランスの哲学者である「ジャネー」という人が考え出した「ジャネーの法則」という言葉は皆さんご存知でしょうか。

どのような法則か簡単に言うと、子供の体感時間と大人の体感時間は全く違う。という法則です。

ただ、この法則には一人一人感じる時間は違うなど、批判的な意見もあるようですが…

しかし、私にはそんなことどっちでもいいのです。

私の考えている問題は、大人になると一日一日が短く感じるのに

ボーっとテレビやYouTubeを見て多くの時間を無駄に過ごしていませんか?ということです。

スマホだってそうです。私の一日の画面に向き合っている時間は6時間を超えています。

ただでさえ一日が短く感じているのにそのような時間の使い方をしていると

あっという間に高齢者、「働いても働いても楽な生活にはなりづらい」ということです。

人生は一度きり、テレビに触れる時間を減らしてみよう

皆さん、自分の人生は一度きりですよ。毎日会社から帰って来たらボーっとテレビを見て過ごし、気が付いたら転職をするにも年齢がネックになってしまう。

気が付いたら人生の選択肢が減っていた!

なんて悲惨なことが無いようにしましょう。

社会人の平均勉強時間は一日30分などという恐ろしいデータもあります。

確かに社会人になれば一日中大忙しで、帰ってきたら何もする気が起きないということも多々あると思います。

しかし、裏を返せば一日30分以上勉強すれば周りの人たちに差を付けることだって可能なんです!

学生時代に嫌と言う勉強をした方、勉強なんて大嫌いで授業中は睡眠学習していた方!(ちなみに、管理人は後者)

今!今この瞬間から何かの勉強を始めてみてください。

絶対に有意義な時間になります。管理人が保証します(お前誰やねんなどのツッコミはいただきません)

まとめ

書きたいことをただ書きたいように書いてしまいましたが価値観は人それぞれです。

テレビやYouTubeが好きな人を否定したい訳ではありません。

ただ「人生は一度きり」おじいちゃん、おばあちゃんになって最期の時を迎える時に、これはやりきった!「我が生涯に一片の悔いなし」と笑って過ごせるようにはなりたいですよね。

どんなに赤の他人を応援しても、辛い時に助けてくれませんからね(小声)

どうしても誰かを応援したいなら身近に推しをつくりましょう!!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

散々偉そうに書いてますけど、僕はめちゃくちゃゲームが大好きですw

楽しいことは楽しいでいいけれど、何か有意義な時間も作りたいですね。って話ですヾ(=д= ;)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事では、柴犬との暮らしについて書いています。

この記事では、夜道の散歩について書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました